前へ
次へ

肩こりの治療を本気で行うときには

実際に、これから本気で肩こりの治療をしたいなら、どのような手順で実践するのが得策なのか、そこに焦点を

more

上手に肩こりを改善してくれる整骨院

肩こりを改善する際に、西洋医学となる薬や手術に頼りすぎると、結局のところ体に大きな負担がかかってしま

more

肩こりを診てくれる施設を利用

ただの肩こりだったはずなのに、関節拘縮から癒着した関節包を剥がして離すなど、肩の手術をした人もいます

more

肩こりと眼精疲労は同時に起こりやすい

目を日頃から酷使する生活を送っている人は、肩こりも同時に起こりやすいということが言われています。パソコンやスマホのやりすぎはどうしても目が疲れてしまいますので、眼精疲労が起こりやすいです。眼精疲労が起こっているということは同時に肩が凝りやすい状態になっていますので、肩こりになってしまう可能性が高いです。パソコンのモニターやスマホを凝視している状態は、体が前傾姿勢になっており、首や肩に負担がかかっています。前傾姿勢という同じ姿勢をずっと続けることになりますので、それに伴って肩がこわばってしまうということです。ずっと同じ姿勢で仕事をしますので、肩の筋肉が緊張して血流が悪くなるということが起こりやすいです。眼精疲労や肩こりを予防するためにも、疲れにくい姿勢を保つ必要があります。疲れにくい姿勢とは深く腰掛けて、背筋を伸ばして座ることです。背中が丸まって前傾姿勢になってしまうと、正しい姿勢でないためにとても疲れやすくなります。疲れやすいわけですので、目や肩、首にどうしても負担をかけてしまいます。正しい姿勢がキープできているのかどうかを逐一確かめてください。モニターと目の位置が適切かどうかというのも重要なことです。モニターと目の位置が近すぎると前傾姿勢になってしまいますので、それでは疲れやすくなります。そうならない様に、モニターと目の位置を適切に合わせる必要があります。一定の距離を離さないと目が疲れやすくなりますし、姿勢も悪くなります。姿勢が悪くなると肩こりが起こりやすくなるということが起こりますので、十分に注意してください。モニターと目の位置が近くなりすぎるのは、そもそも視力が悪いということが考えられます。視力が悪いから近すぎるということが起きますので、眼鏡やコンタクトレンズなどを付けることで、視力の矯正をするべきです。眼鏡やコンタクトレンズを付けていてもモニターに近づきすぎるのであれば、度を適切に合わせることが必要になります。

お肌のうるおいを取り戻すためのアンチエイジング治療を天神でお届け

内側から皮膚まで全てをキレイにするお手伝い
身体の内側から外まで全てをキレイにしていきます

患者様が安心して治療を受けられる歯科クリニック
患者様1人1人に合う治療方法を提案したうえで、診療や治療に関する説明を丁寧にしてくれます。

天神で幅広い歯の不調に対応できる歯医者クリスタル医科歯科CDCInternational

Page Top